20代のファストファッション気をつけるポイントは?

リーズナブルな価格でファッションアイテムを買える「ファスト・ファッション」を使うのは、20代のファッションとしても一般的になりましたよね。

でも、上から下まで全てのアイテムを「ファスト・ファッション」で揃えるのは、20代で特に社会人ともなると、ちょっと厳しいこともあります。

10代であれば安い服で揃えていてもOKですし、センスがある人ならばリーズナブルな服をそう見せないコーディネートをすることも可能ですが、一歩間違えてしまうと「ファッションに手をかけていない人」と見られてしまう可能性も大。

特にオフィスカジュアルの場などでは、アイテムを上手に選ぶことが大切になってきます。

例えば「ファスト・ファッション」の代表格である「ユニクロ」。

誰もが一枚はクローゼットに「ユニクロ」のアイテムを持っていると言ってよいほどメジャーな存在ですが、その分、アイテム選びには気をつけておいた方がよいかもしれません。

ユニクロは店舗数が非常に多い上に、チラシやポスター等でも商品の広告を目にする人が多いため、あまりにも特徴的なアイテムを選んでしまうとあっという間に「ユニクロだ」とバレてしまいます。

いわゆる「ユニバレ」というものです。

「ユニクロアイテム」というのはもちろんのこと、その価格まで一気にバレてしまうのはちょっと恥ずかしいですよね。

またユニクロは身に付ける人が多い分、同じアイテムを着た人に会ってしまう「ユニ被り」という危険性もあります。

街や電車内でならまだしも、例えば学校や会社等で「ユニ被り」をしてしまうのはかなり気まずいところです。

そのため、ユニクロではできるだけ「定番」かつ「シンプル」なアイテムを選ぶようにしましょう。

無地のニット・カットソー類やジーンズ等であれば、「ユニバレ」することは殆どありません。

また、アイテムのカラーはなるべくブラック・ネイヴィー・ベージュ・ホワイト等、定番カラーを選んでおくのがお勧めです。20代女性ファッションサイトで紹介している通販も安いところが多いのでかぶりたくない方はこういった場所を利用するのもいいと思います。