流行ファッションの事

流行ファッションの事や洋服の事を書きます。

洋服好きです。

女性は皆好きだと思いますが・・昔は古着屋さんめぐりが好きで、よく下北沢や上野の古着屋さんで洋服を買っていました。

最初は安いからという理由でしたが古着屋さんでしか買えない、1点物や個性的な可愛い服を見つけられると嬉しくてデパートで買う服とは違い、自分だけのお洒落ができるのが良かったですね。

けど、大人になるとデパートで普通にブランドメーカーを買うようにもなり所謂、コンサバファッションばかり着ていた時期もあります。

コンサバと言えば私の時はINEDとかOZOCとかすごい高いわけじゃないけどそれなりに綺麗系なお洒落ができる安い可愛い服を買っていました。

2000年代前半はスカートもひざ下丈が流行し落ち着いた雰囲気のOLさん風なスタイルが流行りましたね2000年にレディライクという言葉も雑誌でよく出ました。

レディライクと言えば膝上ひざ下スカートでもギャル系とは違い落ち着いた着こなしだけれど女性らしい服装が多く、ピタッとしたセーターなども多くでました。

コートも細めが多く、体のラインが出る服が多かったなと思います。

2000年代後半になると少しカジュアル系が代等してきてクールビューティなレディライクな雰囲気から可愛い雰囲気の服装が増えて行きましたね。

この頃から街で見かける女性たちが流行りだけにとらわれないお洒落を楽しんでいる女性が増えたなと思いますがやはりタイトルの流行の服装に話を戻します・・ここ数年から流行しているスタイルと言えばやはりまずはチェスターコートなしでは語れないですねそしてチェスターを着るならばやはりスヌードは外せないでしょう・・何故ならチェスターコートは胸元が開いているので普通のマフラーでは寒い為そこにスヌードを巻くと、胸元まで覆ってくれて暖かいうえにお洒落なんですね。

今年は首元もっさりもこもこが流行っています。

小顔効果もありますね。

私もスヌードを数本買って巻いたのですがいまいちお洒落じゃないなんだかやぼったい・・・何故だろう?と街のお洒落女子を見ていて分かりました。

スヌードを巻いていて、お洒落な女性は皆膝上スカートを履いてさらにロングブーツではなくブ―ティやパンプスを履いていました。

スヌードや大判マフラーで首元にボリュームを出す場合は下半身や足元はスッキリの方がお洒落に見えるんですね。

私もようやくチェスターコートをセールで買いようやく流行に乗れるのか・・と思った時にはもうすぐ冬は終わる・・のですが今年の冬は長引いてくれそうな気もするのでまだ活躍の場があれば良いなと思います。

チェスターコートは薄手のを先に買っていたので(真冬に買ったのでまだ外で着てない)春になったら着れるのが楽しみです。

また定番のPコートダッフルなら定番の形のコートを買えば小物で流行を取り入れれば長く着れます。

私も定番のコートは安くてももう10年以上着ているコートもあります。

チェスターコートもオーソドックスなコートではあるので今後定番になってほしいな~

スーツ姿はかっこいいのに私服はダサいとならないための40代男性プライベートファッション

男性は40代になると、管理職で部下を持つ人も多くいると思います。

「仕事はバリバリとこなして、部下からの信頼も厚い。

かっこいい!」と40代男性は、職場でモテる人も少なくありません。

しかし「スーツ姿はかっこいいのに、私服はダサい。」という40代男性が多いのも事実です。

「たまたま休日に部下と偶然会って、私服を見られてしまった‥。」「休日に、現場を少しだけ私服で訪れた。」など、私服を見られると意外とダサい‥など、私服でイメージダウンするのはイヤですよね。

そこで、スーツ姿のイメージを崩さずに私服もかっこいい40代男性になるにはどうしたら良いのか紹介しましょう。

基本姿はジャケットとチノパン

「スーツ姿はかっこいいのに、私服はダサい。」というのは、深読みすると「スーツが似合っている。」という意味になります。

そのため、私服でもスーツのイメージを壊さないようなファッションにするのが「私服はダサい。」とならないための条件です。

そのためには、ジャケットとチノパンが必要になります。

この2つのアイテムならば、スーツ姿のフォームを壊しません。

しかもスーツよりもカジュアルダウンするので、私服っぽくもなります。

ジャケットは、紺だとよりスーツ感がでます。

着やせ効果もあるので、おすすめの色です。

また、40代ならではの色がベージュです。

若い人がベージュのジャケットを着ると、ジャケットに着られているようになってしまい、無理している青年になってしまいます。

しかし大人の男性が着ると、歳相応に見える大人の男の服装になります。

どんな色のジャケットを買えばいいのか迷ったら、紺とベージュを買っておきましょう。

また、チノパンは茶色や青などの濃い色とベージュなどの薄い色の2本買いがおすすめです。

対称色を買っておけば、着回しがききます。

ジャケットにワイシャツやボタンダウンファッション

ジャケットとチノパンを選んだら、次はジャケットに合わせるトップスです。

スーツ感を保つためには、ワイシャツやボタンダウンなど襟つきのトップスがおすすめです。

色は、一つは白があると着回しがききます。

そして、襟つきシャツはピンクやライトブルーなどの薄い色つきシャツがあると顔回りが華やかになります。

さらに、プライベート感を出したいならばマリン柄のシャツやストライプシャツなど柄つきもおすすめです。

黒やワインレッドなどの濃い色は大人の男性っぽいのですが、チョイ悪オヤジになって着こなしが難しくなります。

そのため、おしゃれさに自信がそこまでないならば避けましょう。

ワイシャツにVネックシャツ

「休日ぐらいワイシャツから解放されたい。」というならば、ジャケットにVネックシャツがおすすめです。

Vネックシャツは、シャープな印象になるので威厳を保てます。

また、大人がVネックシャツを着ると色気も感じます。

スーツ感を壊す事なく、私服っぽさを強くできるのでワイシャツをあんまり着たくない人はVネックシャツを何枚か持っておくといいでしょう。