効率良く血糖値を下げる方法

血糖値の上昇は身体に大きな負担を与えます。

血糖値が原因で疾病する病気の代表としては、糖尿病があげられます。

糖尿病になると毎日のインスリンの注射をしなければなりません。

身体にも異常がでてきます。

ひどくなると失明、手足の壊死による切断など身体の至るところに異常が現れてきます。

このような病気にならないために、血糖値の上昇を防がなくてはなりません。

血糖値を下げる方法として、今回は運動と食事について取り上げたいと思います。

血糖値を下げる運動

血糖値を下げる運動として、効果的なのは有酸素運動です。

有酸素運動とは、ジョギングや散歩など身体を動かして汗をかく運動のことです。

なので、筋肉トレーニングは有酸素運動ではありません。

ジョギングの場合は、ジョギングを始めて10分を過ぎた頃から、散歩は20分を過ぎた頃から脂肪が燃焼を始めるそうです。

しかし、有酸素運動をする上で注意点がいくつかあります。

まず、1つ目は無理な運動、過剰な運動をしないということです。

継続しなければ効果はありません。

継続してできる有酸素運動から試してみてください。

2つ目は、食後にすぐに有酸素運動をしないということです。

食後にすぐに有酸素運動をしてしまうと心臓への血液の循環が不十分になり、かえって身体への負担を大きくしてしまいます。

最悪の場合は心停止になるかもしれません。

また、水分を補給せずに食後にすぐに有酸素運動をしてしまうと汗で血液の水分量が減少し、血液がどろどろになってしまいます。

食後で塩分も糖分も摂取して、尚更血液がどろどろになりやすい時に運動してしまうと血液のどろどろを加速させてしまいます。

血管が詰まる原因にもなります。

これら2つのことを守り、適切な有酸素運動をしてください。

音楽を聴きながらだとリラックスした運動ができそうですね。

血糖値を下げる食事

血糖値を下げる食事ですが、もちろん、炭水化物を減らした食事です。

米、パン、麺、いも類のことです。

お菓子や果物も糖類を多く含むので過剰に摂取しない方がいいです。

その分、タンパク質や野菜を多くすればいいんです。

タンパク質とは肉や魚、豆類、卵のことを言います。

ただ、肉の脂身を多く摂取することは肥満に繋がるので気を付けましょう。

しかし、炭水化物を減らせないという方もいるでしょう。

そういう時は食べる順番を変えればいいんです。

ご飯、汁物、おかず、サラダがある場合はサラダや汁物から食べるんです。

サラダをすべて食べ終わったら、次は汁をすべて食べます。

それからおかずをすべてたべて最後に白ご飯を食べます。

こうすることで、自然とご飯の摂取を抑えることができるんです。

また、野菜から食べることで、急な血糖値の上昇を抑えてくれます。

これらの方法で血糖値が気になる方は試してみてください。

サプリメントで血糖値を下げることも一つの対策ですので色々取り入れながら健康な身体作りを心がけましょう。

Comments are closed.