ピアノを買い取ってもらおうか悩む姉夫婦

私の姉は結婚して、今はマイホームに住んでいます。

姉は女の子を授かり、ピアノをいつかやらせたいと両親に話をしていました。

すると両親は、出産祝いという事でピアノを姉にプレゼントしたんです!まだ両親が自営業をしていて、羽振りが良かったのでポンっとプレゼントしていました。

羨ましいです‥。

姉は産まれた子供にピアノを習わせました。

そして次に産まれた男の子にもピアノを習わせました。

しかし子供たちが小学生を卒業した頃、ピアノは全く使わなくなりました。

習い事としてやっていたピアノは、ただの習い事で終わってしまったんです。

趣味にはならなくなりました。

中学に入る頃には、子供たちはそれぞれテニスやサッカーなどの部活をやり始めて、ピアノにはまったく興味を示さなくなりました。

ピアノは部屋の隅にあり、ひっそりとインテリアになってしまったんです。

私は姉の家に行った事がありますが、ピアノの存在感の無さには驚きました(笑)ピアノがなかったら、部屋がもう少し広くなっただろうに‥と思いました。

姉もそれは感じていたらしく、ピアノの買い取りを考えていました。

しかし、買ってまだ十数年しか経っていません。

ピアノを買い取ってもらうには、まだもらってから日が浅いかな?と考えているそうです。

しかも両親からの出産祝いです。

それを買い取ってもらうなんて、両親に立つ顔がありません。

両親は処分したなんて聞いたら、きっとショックでしょう。

要らないピアノだけど、処分する事もできないという悩みが姉夫婦にはありました。

そもそも、ピアノを子供にやらせたいというのは真剣に思っていたわけではありません。

チラッと両親に言っただけです。

なのでピアノをもらった時は嬉しさ半分、戸惑い半分だったそうです。

ピアノを買い取ってもらうならば、一年でも早い方がいいです。売りたいと思うならピアノ処分・引き取りなら査定サービスがおすすめです。

ピアノの価値は年月が経つごとになくなっていきます。

買い取ってもらいたいけど、どうしよう‥というのが姉夫婦の悩みです。

Comments are closed.