スーツ姿はかっこいいのに私服はダサいとならないための40代男性プライベートファッション

男性は40代になると、管理職で部下を持つ人も多くいると思います。

「仕事はバリバリとこなして、部下からの信頼も厚い。

かっこいい!」と40代男性は、職場でモテる人も少なくありません。

しかし「スーツ姿はかっこいいのに、私服はダサい。」という40代男性が多いのも事実です。

「たまたま休日に部下と偶然会って、私服を見られてしまった‥。」「休日に、現場を少しだけ私服で訪れた。」など、私服を見られると意外とダサい‥など、私服でイメージダウンするのはイヤですよね。

そこで、スーツ姿のイメージを崩さずに私服もかっこいい40代男性になるにはどうしたら良いのか紹介しましょう。

基本姿はジャケットとチノパン

「スーツ姿はかっこいいのに、私服はダサい。」というのは、深読みすると「スーツが似合っている。」という意味になります。

そのため、私服でもスーツのイメージを壊さないようなファッションにするのが「私服はダサい。」とならないための条件です。

そのためには、ジャケットとチノパンが必要になります。

この2つのアイテムならば、スーツ姿のフォームを壊しません。

しかもスーツよりもカジュアルダウンするので、私服っぽくもなります。

ジャケットは、紺だとよりスーツ感がでます。

着やせ効果もあるので、おすすめの色です。

また、40代ならではの色がベージュです。

若い人がベージュのジャケットを着ると、ジャケットに着られているようになってしまい、無理している青年になってしまいます。

しかし大人の男性が着ると、歳相応に見える大人の男の服装になります。

どんな色のジャケットを買えばいいのか迷ったら、紺とベージュを買っておきましょう。

また、チノパンは茶色や青などの濃い色とベージュなどの薄い色の2本買いがおすすめです。

対称色を買っておけば、着回しがききます。

ジャケットにワイシャツやボタンダウンファッション

ジャケットとチノパンを選んだら、次はジャケットに合わせるトップスです。

スーツ感を保つためには、ワイシャツやボタンダウンなど襟つきのトップスがおすすめです。

色は、一つは白があると着回しがききます。

そして、襟つきシャツはピンクやライトブルーなどの薄い色つきシャツがあると顔回りが華やかになります。

さらに、プライベート感を出したいならばマリン柄のシャツやストライプシャツなど柄つきもおすすめです。

黒やワインレッドなどの濃い色は大人の男性っぽいのですが、チョイ悪オヤジになって着こなしが難しくなります。

そのため、おしゃれさに自信がそこまでないならば避けましょう。

ワイシャツにVネックシャツ

「休日ぐらいワイシャツから解放されたい。」というならば、ジャケットにVネックシャツがおすすめです。

Vネックシャツは、シャープな印象になるので威厳を保てます。

また、大人がVネックシャツを着ると色気も感じます。

スーツ感を壊す事なく、私服っぽさを強くできるのでワイシャツをあんまり着たくない人はVネックシャツを何枚か持っておくといいでしょう。

Comments are closed.